真鍋 由伽子 個展「火山で踊る夢」6月1日 ( 水) – 12日( 日)

12:00~19:00 会期中無休

日本画と版画の技法を用いて日常と空想の境目を表現する作家。
今回の展覧会では、火山・言葉・水・睡眠にまつわる30点余りの作品を展示販売致します。




■略歴

真鍋 由伽子 Manabe Yukako

1994 年生まれ
東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業後、同大学院版画専攻修了。

2018年 個展「たたずむあの人」(伊勢丹新宿店) ほか、
    ART FAIR TOKYO 2018(東京国際フォーラム)、
    Art Expo Malaysia(MECC)などに出品。
    個展「VOLCANO~火山とその麓をめぐるできごと~」(麦小舎・北軽井沢)

2019年 ERASMUS+ 奨学生としてポーランドへ留学
    個展「Take a night walk」(New Boy Coffee高崎)
    杉野郁・真鍋由伽子 二人展 ―平面と立体―(松坂屋名古屋店・愛知)

2020年 ERASMUS+ “wustawa studentow semestru zimowego”(ヴロツワフ・ポーランド)
    “ONE WORLD :TOGETHER AT HOME” (ヴロツワフ・ポーランド)
    個展「寒い国の話」(ギャラリーシュタイネ・長野)

2021年 個展「映画」(Gallery 美の舎・東京)

2022年 個展「DRAW TO SEE」(八犬堂ギャラリー・東京)
    「as if -10名の美術家が音楽を表現してみた』(数寄和・東京)