裂地(織物)

「和」をその人独自の感性で、生活の中に取入れている方が増えています。
裂 (きれ)も、そのように多くの方々にお楽しみ頂ければと思っております。
高級な手織りのものから、化繊のものまで、ご要望にあわせて別注にも対応いたします。

 

IMG_8591

 

裂地(きれじ)について

表装の裂地は、昔は法衣や装束を解いて使っていましたが、明治以降に表装裂地として新たに織られるようになりました。   

 

裂という字

きれを辞書でひくと「切(れ)」と載っているように、裁断した(切った)織物を表具に仕立てるので「切る」の方が正式かと思われます(裂くのではなく)。 ただし表具で使われる布の総合名詞として、現在は『裂(きれ)』と書くのが一般的になっています。

 

織物の組織

織物は、経(タテ)糸と緯(ヨコ)糸が交差して機(ハタ)で織られます。その交差の組織の違いによって、金襴、緞子、無地などが織られます。織物の三原組織として、経糸と緯糸が一つ置きに上下して織られる織を「平織り」、一度にそれぞれの三本以上の経糸と緯糸が交差する「綾織」、経糸と緯糸の交差点を少なくし最低五本以上の経糸と緯糸を最小の単位とする「朱子織り」があります。

 

名物裂とは

名物裂間道宝尽し遠州

名物裂間道宝尽し遠州

 中国渡来の織物の中でも、お茶の世界で名物茶入に添えられる裂を指して、「名物裂」と呼ばれています。もとは室町の足利義満・義政時代に、金襴・銀襴・緞子などが輸入され、当時の茶人、高僧、上流武士、その他一般好事家などに所持されました。その後それらの中でも極めて優秀な裂地が茶の湯と結びつき、いつしか「名物裂」と称せられるようになりました。名称については例えば「二人静」と呼ばれる金襴は、足利義政がこの裂の装束で『二人静』を舞ったことに由来しているとされるなど、基本的に、神社仏閣の名称、僧侶・大名・茶人などの人物名、装束として使われる能の演目に関するものなどから付けられています。