美しい出会いの場をつくる

代表 岸田の前職は、西陣織の会社で表装に使う裂(きれ)の担当でした。そこで出会った美しい織物、優れた職人仕事に魅せられました。この魅力を次世代に伝えられないかと20年前に数寄和を設立しました。
絵画を描く基底材の絵絹や手漉き和紙を扱い、それを使う制作者に向き合い、仕上がった作品の額装、軸装や屏風仕立てを承ける、月日を経て傷んだ作品を修理することを主な仕事にしています。東京西荻窪と滋賀大津にあるギャラリーでは、絵画展をメインに、詩人のトークや朗読会、絵画の対話型鑑賞や子供を対象にした造形ワークショップなどを企画して、様々な出会いを作ろうとしています。
先人たちに磨かれた表装の美から受けたイメージをふくらませ時代に合わせて、人が豊かに生きていくことに役に立ちたいと考えて行動する数寄和の在り方。私たちはいつでも美しい出会いの場をつくりたいと考えています。
 

最近の投稿