12/14(金)-16(日)「表装裂をたのしむ」展

2018/12/14(金)~16(日) 12:00~19:00

 

 

掛軸や額の表装に使われる織物を「裂(きれ)」といいます。

当社は裂の販売に端を発しており、
手織り金襴緞子(きんらんどんす)から交織(化繊や綿など)の織物まで、
伝統の良さをより多くの方に知っていただこうと取り扱ってまいりました。

この度、実際に金襴や緞子を皆さまに見てもらい、
その魅力を知っていただこうと当イベントを企画いたしました。

会期中は表装を施した絵画作品の展示販売に加え、
表具に使う金襴や緞子、無地の裂の販売(一部切売りも可)も行います。

仕覆などをお作りの方も貴重な裂が入手できるこの機会をお見逃しなく。

 

レクチャーイベント 「表装裂を知ろう」

2018/12/15(土) 15:00開始 16:00終了予定

日本美術と密接な関係にある表装裂。
その裂地の種類などについて、簡単な解説をいたします。

ご興味ある方はぜひご参加ください。

解 説  岸田 憲和(株式会社 数寄和 代表)
定 員  約30名
料 金  無 料
場 所  数寄和