額工場見学

2005年3月、皆様に少しでも良い仕上りの額を安くでご提供できるように、額工場へ打合せに伺いました。

この工場では数寄和定番の額の型をつくっています。額縁が完成するまでのおおまかな流れをご紹介します。

 

01

 

まず、木材を角材にスライスします。 これはギャングリッパという機械。

 

02

 

フレームのデザインを型を使って削りだします。

 

03

 

モルダーという機械。
写真ではわかりずらいですが、型通りに削られるよう、歯は回転して上下左右からカタチを削っていきます。

 

04

 

歯の型もデザインにより製造されます。

 

05

 

木材を型で削り出し額のデザインの形状がつくられたら、今度はそれをカットし額のカタチに組み立てます。
角をつなぎ合わせるため、角はさまざまな木材に合わせて、45°を正確に出す技術が必要です。

 

06

 

そうして組み立てられた木材に、今度は塗装がなされます。
こちらは、塗料のしみ込みを防ぐ下地を塗った後です。
下地(シーラー)を塗った後はそれを研摩し、いよいよ最後の塗装の工程に入っていきます。

 

07

 

塗装は額の見映えを左右するとても大切な工程です。
これで額縁の完成です。

 

 

 

 

Warning: sizeof(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sukiwa/sukiwa.net/public_html/wp-content/plugins/wp-mystat/lib/mystat.class.php on line 1252