2本の縦糸をよじれさせて織った、透かし目のある織物です。
平織と合わせて文様を表現した紋紗、金糸を織り込んだ金紗、銀糸を用いた銀紗等があります。
現在、表装で使用されることは少なくなりましたが、古くから用いられてきました。
金紗・銀紗は一文字や風帯に使うことが多く、紋紗は文人画等の中廻しに稀に使われています。

掲載している裂はお取扱いしている織物の一部になります。
在庫はお問い合わせください。

 

柘榴文紋紗

柘榴文紋紗